植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

積乱雲の中

外に出ると強烈な日差しが眩しい。見上げると、青い空に入道雲がムクムクと湧いていた。正式には積乱雲というが、昔それを実感する経験をしたことがある。 8月にヨーロッパ大陸を飛行機で縦断する機会があった。広大な陸地には雲一つなかったが、機内のTV の…

謎の木の実

公園を歩いていたら茂みの中にこんな木の実が… 宇宙生物っぽい。長さ5㎝ぐらい。半球に十文字の切れ目がありアンテナみたいな突起がある。緑色だし、「トイ・ストーリー」に出てくる三つ目の宇宙人を連想した。(「リトル・グリーン・メン」というらしい。)…

キタマゴタケ(黄玉子茸)?

この画像は7月12日のもの。梅雨の晴れ間に丘陵地を歩くとキノコがポコンと出ているのをよく見かけた。まだ梅雨の末期で今ほど暑くなく、非常に湿気が強かった。9月下旬の秋の長雨頃のキノコのシーズンと気候が似ているので、思わず顔を出したのだろう。 色々…

カリガネソウ

小山内裏公園には多摩丘陵の珍しめの野草を集めた見本園がある。今の時期は夏草に紛れていることが多いので、実物をよく観察してから探すと見つけやすい。 画像はカリガネソウである。地味なものが多い中でこれだけ浮いたような存在感だ。最初は園芸種が紛れ…

ウワミズザクラの実

小山内裏(おやまだいり)公園は多摩丘陵の一角を残した都立の公園である。そこを歩いていて、雑木林の縁でカラフルな実を付けた木に出会った。 調べるとウワミズザクラの実とのこと。要するに赤や黄色のサクランボがブドウのような房になっているのだ。何と…

トウモロコシ

夏野菜は今、旬。自分たちで栽培したものをもいできた。皮を残して500ワットでレンチン5分。「いい色だな」ガブっと…「甘い!」。拍手!

八重咲きクチナシ

八王子市の多摩美術大学の近く、ある企業の周囲の植栽がクチナシであった。甘い香りと純白の大きな花が目立っている。まるで白いバラだ。葉の色が映ったのか少し緑がかって独特の感じである。 知る人は知っているが、皆ユーミン(松任谷由実さん)と関係があ…

梅雨の終わりの大雨

昨日、援農のNPOの研修農園で作業をしていたら急に大雨になった。画像は温室から見た外の様子だ。風を通すために開けてある窓から、大粒の雨だれがほとんど連続して落ちている。ビニールの屋根に当たる雨の音も凄まじい。 スマホをいじっていた人が「30分で…

ミズタマソウ(水玉草)

多摩丘陵の林下の湿地に生える。花が終わった後の丸い実に白い毛が多く、水玉のように見えるのでこの名がある。拡大すると確かに水滴がたくさんついているような印象である。涼し気な雰囲気だ。 比較のため雨後のウマノスズクサの葉についた実際の水滴を示す…

シオデの花

海の中のクラゲの幼生(ようせい)のように見える。今日は曇って時々陽射しがあり蒸し暑いが、見ていると涼しげに感じる。 花は長い柄があって半球状の花序を形成する。個々の花は花被片(ガクのようなもの)が反り返って球状になっている。雌雄異花。これは…

ツヅラフジの花

雑木林の林縁や路傍の草むらで春からよく見かけた植物である。正体が分からず、長い間謎であった。ツル性で、若芽が尖ったスペード型をしており、ヘクソカズラやアカネとも思ったが葉の付き方や質感が違う。葉が大きくなってくるとキヅタにも似てきた。サル…

ミズヒキの花

横向きだが上が紅で下が白、半々に色分けされた変わった花。ただし径1-2㎜と極小だ。この花弁のロウ細工のような透明感が好きである。紅白でメデタイということで、名前はミズヒキ(水引)という。お祝い品に付ける飾りだ。 長い花穂には赤いツボミがずらり…

ウマノスズクサ

変った花である。 花柄が伸びて曲がり、ガクの基部が球状に膨らんでいる。その先が直角に曲がってラッパ状に広がる。その先は燃え上がるように伸びてよじれている。内部は黒茶色で黒い毛におおわれている。花びらはない。ゴム球の付いたラッパかサキソフォン…

オニユリ2021

梅雨末期の湯煙のような雨が急に晴れた。陽射しがだんだん強烈になってくる。暑い! 郊外を歩いていて民家の庭先でオニユリを見かけた。道路より一段高い所にあるため、花は下向きだが、青空をバックに見上げる形になった。 こう見るとまさにヤマユリの朱色…

スミレの種(たね)

先日タチツボスミレの閉鎖花(へいさか)を紹介したが、今回はスミレの種の話。 スミレ(濃い紫色の種類)は街中でも見かける。車の多い道路ぎわのフェンスとアスファルトの間などちょっとした隙間に群生している。よくこんなところに生えているものだと思う…

アカショウマの花

オトギリソウとともに咲いていた花。小さな花が多数集まって花房(はなぶさ)になっている植物は、種類が多く皆似ているので、名前を調べるのにいつも苦労する。今では画像解析で簡単だそうだが、それじゃツマラナイでしょう。しかし今回はネット検索ですぐ…

オトギリソウの花

夏草の中に径2㎝ぐらいの黄色い小さな花が数輪かたまって咲いている。梅雨の晴れ間でまだ水滴が残っている。朝開いて夕方萎む一日花で、ツボミがたくさん用意されている。 漢字で「弟切草」と書く。穏やかではない。由来は、この草から作られる薬の秘密を弟…

ヤマユリ2021

今年も多摩丘陵ではヤマユリが咲き始めた。ここは数年前に見つけた穴場である。雑木林の林床で、外から見てもちょっと分からない。 梅雨後半の雨が降り続いてしばらく見に行けなかった。夏空と一緒に咲くイメージがあるので、まだ先かとも思ったが、念のため…

水辺の植物:多摩丘陵

多摩丘陵には水辺を好む植物も多い。水田の周辺などに多いヤブカンゾウ(ユリ科)はその代表だ。丘陵地は乾燥しているが、深く切れ込んだ谷(谷戸、やと)の奥に湧き水があって常に小川が流れ、その周囲が湿地になっているせいである。それを利用して谷水田…

アジサイ・プラスワン

相模原北公園にアジサイを観に行ってからしばらく経つ。画像をたくさん撮ったが、どうも月並み。何度か取り上げたのでもういいかと思っていた。ちょっと惜しいのでまとめてアップすることにした。寒色系の花が多いのでバラのおまけつき。観にいくならまだ間…

クサボケの実

庭木として植えてあるボケは中国原産の園芸種で、日本の固有種はクサボケといわれるものである。多摩丘陵では多く自生しており、まだ春が浅い3,4月頃に朱赤色の花を咲かせる。背が低く「クサ(草)」が名前に付いている。 「ボケ」の名の由来として、実が…

アカンサス

相模原北公園の花壇に植えられていたもの。草丈が2mぐらいあり、葉も花も大型で異様な力感(りきかん)がある。これだけ揃うとなかなかの迫力だ。大きくても間が抜けて見えないのは、黒光りするような濃い緑の葉とシャープな花の形状によるようだ。 地中海沿…

種の消失ミステリー

先月のことである。急に思いついて枝豆を植えた。プランターは大型のものを使い、土も野菜用の新しいものを用いた。足りなかったので市販の黒土を上に足して、早生種の枝豆の種(大豆)を蒔いた。ところが2週間たっても芽が出ない。様子を見るため一か所掘っ…

ミツバウツギの実

雑木林は「緑したたる」と表現される季節だ。今回は、変った木の実である。以前から時々見かけて、なにであるのか気になっていた。実の形は何というか、先の尖った楕円形の扁平な袋が2つくっ付いたような形で、中に種が入っている。資料では折り紙の奴さんの…

大雨の後の空

多摩丘陵の援農でナタネの収穫をした。黄一色だった広い菜の花畑が今は白っぽく乾燥した実の塊に変わっている。これを刈り取り、シートの上で実の中の種をたたき出して殻を取り除き、フルイがけして種を集めるところまでやる。場所が急斜面なのですべて人力…

6月の果樹

多摩丘陵のなだらかな斜面は果樹園として利用されていることが多い。雲の多い晴れの日に果樹を見て回った。時折湿気を帯びた涼しい風が吹き、気持ちが良い。 都会近郊のためか、ケーキに用いられるような欧米系の果物が多い。梅の収穫は終わった後、今の時期…

アジサイの仲間

相模原北公園にアジサイを見に行った話をしたが、今回一番印象に残ったのがこれだ。雑木林の日陰に生える白一色の植物だが、陰気な感じはまったくしない。逆に色がないため純粋にこの花の造形の美しさが際立つ。周囲の装飾花は非対称で、3,4枚のガク片は…

テリハノイバラ2021

多摩丘陵の3種類ある野バラのなかで最後に咲く。例年6月初旬である。花は大きめ(径2~2.5㎝)であるが、葉が小さくツルが地を這う性質があるので比較的目立たない。葉は小葉9枚で、毛がなく油を塗ったような光沢(照り)があるのが特徴だ。 道沿いに数多く…

キツリフネの花

以前多摩丘陵で自生のツリフネソウを見た時、宙に浮いたような不思議な造形の花に驚いた。類縁に黄花の希少種があることは知っていたが、ようやく最近出会えた。 相模原市の北公園にアジサイを観に行ったとき、植え込みに紛れて咲いているのを見つけた。この…

ホタルブクロとドクダミ

今頃の多摩丘陵、林縁や田畑の近くの木陰で咲いている草の花はほぼこれだ。春の野草は花期を終えて種を付け、枯れ始めている。一方夏草が急に伸びてきた。 ホタルブクロが目立っている。ちょうどホタルの飛びだす時期と一致するのが面白い。沢山ある花を見て…