植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

マガモのカップル?

市街地の中を流れる川。時々カルガモの群れが現れて水草などを漁っている。最近珍しくマガモが混じっていた。マガモの雄は深緑色の頭に黄色いくちばしで一目でわかる。留鳥のカルガモに対して北から渡ってくる。そんな季節になったのだなあと思う。 さて画像…

フユノハナワラビ(冬の花蕨)

拡大すると緑のツブツブの列がうねっている。蠢(うごめ)いていたらいやかもしれないが、こういうのは結構好きである。シダやコケに特有の単純な緑色がフレッシュな感じだ。 ほぼ日本全国に自生するシダ植物。シダ植物は花がなくツブツブの胞子嚢(ほうしの…

ヤマボウシの実

ヤマボウシは民家の庭に植えられているものをよく見る。6,7月の花の季節は木全体が真っ白になって美しい。街を歩いていて実が成っているのを見かけた。 実は直径1.5㎝ぐらいの球形。集合果で、表面のポツポツの一つ一つが雌シベの痕跡である。中は黄色い…

ヒヨドリジョウゴの実

霧雨の降るなか雑木林の横を歩いていて、草むらで赤い実を見つけた。ヒヨドリジョウゴの実だ。雨に濡れてフレッシュな感じが引き立っている。 以前花を紹介したことがある。白い花弁から大きな黄色い雄シベの束が突き出した、典型的なナス科の花の特徴を持っ…

オオイヌタデ

花盛りのタデ科植物の中で一番大きく、草丈が1mを超えて伸びているものも珍しくない。水田の近くなど水辺に多い。一方、イヌタデは高さ20㎝ぐらいだが、空き地や道端で一面に広がっていることがある。 花穂が6~7㎝と長く、垂れているのが特徴だ。イヌタデは…

雨に濡れたヌカキビ

ちょうど霧雨が降っていて、花穂に細かい水滴が無数に付き面白い画像になった。光が差せばきれいだろう。 草丈50㎝ぐらい。花茎(かけい)が細く何度も枝分かれしてさらに細くなる。それとともに花穂が大きく広がり径30㎝ぐらいある。先端に2,3個の花(小穂…

ママコノシリヌグイのトゲ

郊外の田園地帯に行った。今頃は畦道や土手などに様々なタデ科植物の花盛りだ。地味なものが多い中でやや目を引くのがミゾソバ、(アキノ)ウナギツカミ、そしてこの花である。皆、変な名前だが正式名称だ。いずれも球状の花序でありよく似ている。しかし、…

タイアザミ

秋咲きのアザミ。近場の里山ではノハラアザミが多いが、箱根ではこちらをよく見かけた。花期は8~11月である。 花が上を向くノハラに対して、横向きか少し下を向いている。また葉が深く切れ込んで先端が大きな鋭いトゲになっている。花の基部のガクに当たる…

アケボノソウ

場所は箱根の湿原だ。ほとんど実になっていたが、ようやく花を見つけた。名称は花びらの斑点を夜明け(あけぼの時)の星空に見立てたことに由来する。接写で拡大してみて改めてその澄み切ったたたずまいに驚いた。見方によっては奇妙な模様なのに、おそらく…

ヤマアジサイの花

箱根登山鉄道の沿線はアジサイが有名だ。季節には華やかな園芸種がみごとである。一方、登って行く道路沿いにも野生のものが多数みられる。画像のものは山の上の温泉街近くの遊歩道で見つけたヤマアジサイである。 普通は5月末から6月が開花期、11月頃までポ…

センブリ

リンドウ科のカワイイ花。先が尖った花びらや鋸歯の無い細い葉がリンドウに似ている。花期は秋で8-11月。草丈は10㎝ぐらい。画像のものは横倒しになったものが立ち上がって花を付けたようだ。永年探していたのだが、小柄のため見落とし易いようで、今まで実…

ウナギツカミ

以前はアキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)と呼ばれていた。茎が長く断面が四角形で稜に下向きのトゲが多い。そのためヌルヌルの鰻でも掴めるというのが名前の由来だ。「アキノ」が付くとますます変な響きになる。名前だけ知っていて、一度見てみたかった花で…

フジイバラの実

富士箱根の高地に多いノイバラである。今は紅い実が秋空に映えている。画像の背景は箱根火山の中央火口丘である駒ヶ岳だ。この日は良く晴れて爽やかで気持ちが良かった。 これも日本固有種で、富士、箱根、丹沢に多いフォッサマグナ要素の植物である。なぜか…

オトメアオイとイトスゲ

箱根で見つけたちょっと珍しい植物。と言っても超ジミ。興味がない人には見向きもされないだろう。 まずオトメアオイ。漢字にすると「乙女葵」で、何か伝説でもありそう。しかし御覧の通り何の変哲もないカンアオイの姿をしている。葉の大きさは6-7㎝ぐらい…

ヤマゼリ(山芹)の花

久しぶりに箱根に行ってきました。自宅から2時間弱なので一応近場である。山の上の方にある遊歩道沿いの植物にはさすがに外来種はない。高山植物とまではいかないが、身近ではなかなか見られない植物が多く楽しい。歩き始めて最初に目についたのがこの花であ…

エンジュ(槐)

街路樹。東京都心などでは街の雰囲気に合わせてちょっと珍しい木が使われている場合がある。しかし近所のものはよく見るタイプで名前すら知らなかった。当たり前すぎて興味を引かなかったためだ。初夏に高いところで白い花が咲き、足元に散り敷いた花と羽状…

川の中のオオブタクサ

市街地の川は両岸と底がコンクリートで固められており、水流も普段は一定である。川の中は本来水草以外生えないはずなのだが、意外に多くの植物が見られる。太陽光と水、栄養(汚水の)は十分だが、常に流されるリスクがあるという独特の生態系だ。 茶色のソ…

エノキグサ

路傍の草むらから赤い花穂が出ていてその存在が知れた。繁茂するイネ科やキク科と比べると奇妙な感じを受ける植物だ。調べるとトウダイグサ科のエノキグサであった。確かに葉はエノキ(榎)そっくりだ。草丈は30~50㎝である。 「灯台(とうだい)」とは、小…

メヤブマオ(雌薮苧麻)

余りにも地味なのでこれまで取り上げなかった植物群がある。イラクサ科カラムシ属の仲間である。カラムシ、ヤブマオなどがあるが、皆よく似ている。林縁の半日陰のようなところに生えていること多く、少し陰気。夏場は独特のしわのある灰色がかった葉を繁茂…

シモバシラの花

以前から見たかった花。純白の花が「霜柱」のイメージそのものだった。丸っこい花から雄シベが突き出し列になって並ぶところが繊細な氷の束に見える。 シソ科の多年草。草丈は50㎝ぐらい。低山の林内に生える。これは近場の植物園のもの。名前の由来は見た目…

ヨモギの開花

いつもの街中の川沿いの道。8月から植物をずっと観察しているが、様子が一番変化したのはこのヨモギではないか。最初は濃緑の葉が茂っているだけだったが、薄緑の花穂を出し始めて株が大きく膨らんだ。花穂の先が曲がって垂れたと思ったらツボミが目立ち始め…

ヒメキンミズヒキ

台風一過の晴天の下、多摩丘陵を歩いた。ヒガンバナが一斉に咲いていたが、それ以外はあまり目ぼしいものはない。まだ夏草が盛大に繁茂している。そんな中、切通しの薄暗い斜面にとても小さな黄色い花を見つけた。 草丈は15㎝ほど、花は径4,5㎜しかなく繊細…

キダチチョウセンアサガオ

この大きくて派手な花、見ごたえがある。以前は黄色っぽいものが多かったと思うが、最近は様々な色の園芸品種があるようだ。ご近所の庭先でも珍しくなくなった。 熱帯アメリカの高地原産の低木で高さ3mぐらい。だから木立。ヒルガオ科のアサガオの仲間ではな…

ヒロハホウキギク(広葉箒菊)

いつもの街中の川沿い。淡いピンクに色づいた白い花がカワイイ。花びらがやや不ぞろいであるところも素朴でヨロシイ。草叢の中の星のよう、と言ったら褒めすぎか。直径6-7㎜しかなく、よく見ないと咲いていることすらわからない。 北アメリカ原産のキク科の…

ツルボの群生

多摩丘陵にある神社の参道脇。そろそろ秋祭りなので草刈りがされ日当たりが良くなった斜面に、ツルボが群生して花を付けていた。桜並木があり陰になるせいか、普通のものよりヒョロリとしてやや斜めになっている。 この画像は9月初めのものでまだ咲き始めだ…

フェンスのマルバルコウ

8月後半から夏草の中にチラホラ見えていた赤朱色の花。住宅地の河川沿いの長い網フェンスをツルが這い上がったと思ったら、いっぱいに広がり、今頃になって大量に花を付けた。径1.5㎝ぐらいの小さな花だが遊歩道を歩いているとなかなか見ごたえがある。拡大…

シマスズメノヒエ

マンションや民家が続く住宅地を流れる川。護岸はコンクリートで固められ両側が広い歩道になっている。日当たりが良く様々な植物が見られる。クルマが通らず人通りもソコソコなので時々立ち止まって観察しても大丈夫だ。このところ路傍の雑草ばかりなのはそ…

ジュズダマ

ハス池のたもとに生えていたもの。川辺などの湿地を好むようだ。先端に穴の開いた独特の丸い実は、子供の頃投げて遊んだものだ。スベスベした感触で、何かにぶつけるとカチンと音がするぐらい硬い。穴を貫通させて糸で繋ごうとしたがうまくいかなかった。 熱…

ソクズの花と蜜腺

今頃の野草は繁茂するばかりで、興味を惹かれるものに出会うことはほとんどない。あっても地味な白い色の花が多い。と言いつつまた白い花である…。 多摩丘陵の人家近くの空き地に7月頃からこの花が咲き続けていた。草丈は1.5m以上あり群落になっている。夏草…

マツカゼソウの複葉

前回複葉の話が出たので思い出したのがこの植物だ。山地の林縁に自生するミカン科の多年草で、松風草という風流な名前が付いている。 コボタンヅルの葉は3x3=9枚の小葉からなる(2回3出)が、この草はさらに3倍の27枚で1枚の葉(3回3出)を構成…