植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

クサボケの実

f:id:M_majipan:20210622170917j:plain

庭木として植えてあるボケは中国原産の園芸種で、日本の固有種はクサボケといわれるものである。多摩丘陵では多く自生しており、まだ春が浅い3,4月頃に朱赤色の花を咲かせる。背が低く「クサ(草)」が名前に付いている。

 

「ボケ」の名の由来として、実が瓜(ウリ)に似ており、木に成る瓜だから木瓜。昔の日本語で「ぼっくわ」「もけ」と言っていたものが訛(なま)ったという説がある。ちなみに中国では貼梗海棠(てんきょうかいどう)という。

 

クサボケの実は自然の状態では鳥などに食べられてしまうのか、ほとんど見かけない。画像の実もノイバラの傍らで草に埋もれていたものだ。しかし、これではウリというよりは、同じバラ科のリンゴやナシの若い実といった方が近い。まだ青いが、秋には黄色くなる。香りが高く果実酒などにされる。

 

f:id:M_majipan:20210622170934j:plain

               クサボケの花 2021-3-31

アカンサス

f:id:M_majipan:20210621165307j:plain

相模原北公園の花壇に植えられていたもの。草丈が2mぐらいあり、葉も花も大型で異様な力感(りきかん)がある。これだけ揃うとなかなかの迫力だ。大きくても間が抜けて見えないのは、黒光りするような濃い緑の葉とシャープな花の形状によるようだ。

 

地中海沿岸原産の常緑多年草古代ギリシャでは神殿建築の柱の装飾にこの葉の意匠が用いられた。日本では葉がアザミに似ていることからハアザミ(葉薊)と呼ばれる。

f:id:M_majipan:20210621165657j:plain

花は紫色の笠のようなガクから白くて長い花弁が出ている。よく見ると花の根元にトゲがある。ギリシャ語でトゲ(棘)のことをアカンサスといい、これが名前の由来である。

 

調べていて一番驚いたのは、これがキツネノマゴ科であること。確かに花の特徴は似ている。しかし、以前紹介した日本のキツネノマゴの草丈はせいぜい20㎝しかなく、花もよく見ないとわからないぐらい小さい。アカンサスは草丈が10倍なので体積は1000倍になる。まあそれぐらいの差はある。地球を3分の1周すると同じ科でもそれだけ変化するのだ。

 

キツネノマゴ(花)2020-08-20、(果穂)2020-12-05

種の消失ミステリー

f:id:M_majipan:20210621071721j:plain

先月のことである。急に思いついて枝豆を植えた。プランターは大型のものを使い、土も野菜用の新しいものを用いた。足りなかったので市販の黒土を上に足して、早生種の枝豆の種(大豆)を蒔いた。ところが2週間たっても芽が出ない。様子を見るため一か所掘ってみたが、種がみつからない。あわてて全体を調べると10粒以上蒔いたのにすべて消えている。一体何が起こったのだ?

 

表面が荒らされた形跡はないので鳥や動物の仕業ではない。新しい土だから土壌中の生物や病気にやられたとも考えにくい。芽が出なかった場合でも腐敗した種ぐらいは残るだろう。気味が悪くてしばらく放っておいた。

 

その後、プランターの土を再度調べてみた。よく見ると黒土が一部ダマのようになっている。少し硬い。潰してみると中からふやけた種が出てきた。芽が出た様子はない。…これで消失ミステリーの謎は全て解けた。白っぽい大豆が黒土の中で目立つという先入観が盲点であった。

 

培養土の上に足した黒土が犯人だ。種に水をやると一気に吸水する。その後晴れると黒土は先に乾き、今度は種から水分が出てキメの細かい黒土の粒子を吸着したようだ。その結果種の周りが固められてしまった。つまり被害者(大豆)は窒息死したのである。同時に死体も隠蔽された。昔、生物の時間に種の発芽に必要なものは3つ、気温、水分、そして空気(酸素)と習った覚えがある。

 

画像は土をよく混ぜて蒔きなおしたもので、今度は順調に育っている。

 

ミツバウツギの実

f:id:M_majipan:20210620170336j:plain

雑木林は「緑したたる」と表現される季節だ。今回は、変った木の実である。以前から時々見かけて、なにであるのか気になっていた。実の形は何というか、先の尖った楕円形の扁平な袋が2つくっ付いたような形で、中に種が入っている。資料では折り紙の奴さんの袴という表現があった。

 

調べるとミツバウツギという植物の実であった。日本全国に自生。湿地に多い3~4mの木とのこと。そういえば丘陵地の谷戸(やと)を流れる小川沿いに並んで生えていた。

 

また「ウツギ」が出てきたが、確かに白い花や葉の形がよく似ている。しかし、普通のウツギがアジサイ科であるのに対して、ミツバウツギ科である。この科にはハデな実のなるゴンズイが含まれる。葉は鋸歯が目立つ程度で特徴がないように見えるが、よく見ると小葉3枚からなる複葉であり、これが「ミツバ」の名の由来である。実は秋に茶色く変色する。

大雨の後の空

f:id:M_majipan:20210619051327j:plain

多摩丘陵の援農でナタネの収穫をした。黄一色だった広い菜の花畑が今は白っぽく乾燥した実の塊に変わっている。これを刈り取り、シートの上で実の中の種をたたき出して殻を取り除き、フルイがけして種を集めるところまでやる。場所が急斜面なのですべて人力。十数人がかりでも大変だった。

 

作業場に戻ってきて帰ろうとした途端に雨が降り出した。まるでシャワーノズルから強く噴き出したような雨で、時々雷も鳴っている。外は水煙で良く見えない。これが断続して一時間ほど続いた後、急に上がった。

 

画像はその時の東北方向の空だ、雨上がりの奇麗な青空に大きな低い雲がたくさん浮いて、高速で動いている。その向こうに見える雲は雨を降らせた積乱雲か。帰路は、ハードな仕事を終えた充実感と、大雨が洗い流したきれいな空と白い雲の清浄感に包まれた。

6月の果樹

f:id:M_majipan:20210615050150p:plain

多摩丘陵のなだらかな斜面は果樹園として利用されていることが多い。雲の多い晴れの日に果樹を見て回った。時折湿気を帯びた涼しい風が吹き、気持ちが良い。

 

都会近郊のためか、ケーキに用いられるような欧米系の果物が多い。梅の収穫は終わった後、今の時期ほかの果物の実はほとんど未熟だが、どんどん膨らんでいる。収穫の時期が楽しみだ。

 

左上:ブルーベリーの実は色から見て収穫はまだちょっと早いかな。近年よく見かける樹種である。春の独特の花も美しかったが、実が鈴なりになっているのもなかなか見ごたえがある。

 

右上:キウイフルーツ。小さな実にはまだ花の跡が残っている。熟すのはだいぶ先で10月から11月頃ある。今は季節が逆のニュージーランド産などが出回っている。

 

左下:カキ。この付近は昔から柿が名産とのことだ。今は少なくなったが、古い農家には必ず柿の木があった。種類が色々ある。これはジロウガキの系統であろう。

 

右下:ブドウの木には緑の実がどっさり付いている。ワイン用の樹種とのことで、ぶどう棚ではなく垣根仕立てになっている。見ていると付近の丘陵地がヨーロッパの雰囲気になる。

f:id:M_majipan:20210616122245j:plain

アジサイの仲間

f:id:M_majipan:20210613162829j:plain

相模原北公園にアジサイを見に行った話をしたが、今回一番印象に残ったのがこれだ。雑木林の日陰に生える白一色の植物だが、陰気な感じはまったくしない。逆に色がないため純粋にこの花の造形の美しさが際立つ。周囲の装飾花は非対称で、3,4枚のガク片はそれぞれ流線型といえるような形をしている。中央の両性花はわずかに緑色がかかり、やはり白い雄シベを噴き出す白い粒のような花の集合も周囲とのバランスが良い。

 

いわゆるヤマアジサイ(額アジサイ)の仲間であるが、全体にやや小柄で葉が細長いので、アマチャ(甘茶)という種類、それもアマギ(天城)アマチャという変種だ。アマチャはフィロズルチンという甘味成分を含み、発酵や乾燥したものは、灌仏会で仏像にかける甘茶になる。

 

名前の通り静岡県伊豆の天城山を中心に分布する日本固有種。そもそも天城(あまぎ)とは甘い木が生えていることかららしい。地理的には、以前話題にしたフォッサマグナ要素の植物でもある。かといって特に珍しいものではなく、園芸種として出回っている。