植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

縄文の積石遺構

先日東京都町田市出土の中空土偶について紹介した(2023.1.9付)。興味を覚えたので、出土場所まで行ってみた。田端遺跡といい、多摩丘陵の裾あたりに位置する。南西側に相模原台地が大きく開け、かなたに丹沢山地や富士山が望まれる。今はニュータウンの一角になっており、一部が土盛りされて保存され、地表には再現された石が配置されている。ストーンサークルと書いたが正確には環状の積石(つみいし)遺構である。

 

遺構は大小の自然石(河原石?)からなり、東西9m、南北7mの楕円形をしている。画像は東から西方向に見た全景。所々の立石は高さ30~50㎝で、なかなか意味ありげな配置である。内部及び周辺には多数の墓の跡があり、種々の遺物が発見されている。時代は縄文時代後期~晩期(3900~2800年前)に連続的に形成されたもので、墓域や宗教行事の場であったとされている。

 

中空土偶が出たのは、すぐ隣の田端東遺跡である。多数の住居跡が発見されており、この辺り一帯が長期にわたって縄文人が集住した場所であったことは確かだ。狩猟採集生活とはいえ、定住可能な自然の恵みがあったのだろう。そのため遠方との交易がされて、そっくりの土偶が北海道の遺跡から出土するようなことが起こったと思われる。こういうことを遺跡や遺物をもとに想像すると楽しい。

ヤドリギ(宿り木)

郊外でバスに乗っていたとき、葉の落ちた雑木林の端の木にヤドリギを見つけた。行ってみると7、8mの高さに直径1m以上の緑のボール状のものがいくつも付いている。宿主の木はサクラで、隣のケヤキの木にも1個見られる。ヤドリギは探しても見つからず、偶然出会うことが多い。

 

ビャクダン科(遺伝子によるAPG分類)の常緑広葉樹。普通の根を持たず宿主から養分を盗るが、葉緑体を持ち光合成もおこなうため半寄生植物とされる。よく見ると果実がどっさり付いている。径6㎜ぐらいの球形。通常は淡黄色をしているが、画像のものは橙黄色で、アカミ(赤実)ヤドリギという種類かもしれない。

 

果期は冬で、鳥がついばむ。果実の中の種は粘液に包まれており、鳥の胃腸を通り抜けて排出され、とまった木に付着する。そこで発芽し、寄生根を出して宿主の木にとりつく。何度か巨大なものを見たことがあるが、宿主を枯らしてしまうことはないようだ。神社の木などに付いていると不思議な神秘性を感じることがある。

 

シモバシラ:氷の華(はな)

今日は節分、明日は立春だが、朝はまだ寒く氷点下の気温が続く。公園の一角にある植物園を歩いていたら、奇妙なものを見つけた。裂けたワラのような枯草の根元に丸い氷の塊がある。径3㎝ぐらい。真っ白で、よく見ると細かい筋があり絹糸のようなツヤをしている。

 

表示を見ると「シモバシラ(シソ科)」とある。それで納得。秋に咲く花が白い小花がブラシのように並んでいて霜柱を思わせる植物だ。その一方で、「氷の華」を作るのでも有名である。冬に枯れた後、毛管現象で土中の水が吸い上げられる。それが凍るとき、条件によっては茎が裂けて薄い膜状の霜柱になって吹き出し、花のような造形になる。高山では様々な植物が「氷の華」を作るが、特に出来やすいようである。近場では武蔵御岳山などが有名だ。しかし真冬の朝に見に行くのはちょっと大変。こんな近場で見られたのはラッキーだった。

 

早い時期ならもっときれいだったろう。何度も凍結・融解を繰り返したためか、茎はバラバラに割れてささくれている。しかしここまでくればもう春は近い。

タムシバの花芽

よく行く公園の立木。葉を落とした木々の中で、いつの間にか無数の花芽(蕾)をつけていた。花芽はフワッとした毛に覆われている。寒さも底を過ぎてようやく少し暖かさを増した陽光に輝いて見えた。

 

この木は「タムシバ」と名札が付いており、昨年の春、コブシそっくりの白い花を咲かせていた。コブシとの違いは、六弁の花や葉が細長いことと香りが強いことである。別名ニオイコブシ。近くにコブシの木があったので比べると、花芽の数が倍ぐらい多いようだ。他にも特徴はあるが、花が咲いた時に比較してみたい。

 

モクレン科の落葉低~高木。名前の由来には、若い葉に白いハン点があるため皮膚病のタムシのようだというものと、葉を噛むと独特の甘みがあるため「噛(か)む柴(しば)」が訛ったという説がある。

カイツブリ

公園の池。小型の黒っぽい水鳥が2羽で住み着いている。警戒心が強く、いつも広い水面の中心付近を泳いでいる。今日たまたま岸の歩道に近い所にいるのを見つけた。やはりカイツブリだ。カメラを向けようとすると瞬間で水に潜ってしまう。15~20秒して2,3m離れたところに浮かび上がる。水面に軌跡のような波は立たない。

 

頭から身体は黒色、ほほのあたりが赤茶色の渋い色である。クチバシは短く根元に白い点がある。前後につまったような丸っこい体形で足が後ろの方に付いている。図鑑によると体長25~25㎝。コガモよりさらに小さい。カモ類と異なり潜水がうまく、魚や水中の昆虫を食べている。

 

カイツブリ科で全国の池・湖沼に分布する。凍る湖面では渡りをするが、近場では留鳥。奇妙な名は、すぐに水に潜る習性から、水を「掻いて潜る。(掻(か)きつ潜りつ)」が訛ったといわれる。漢字でも「鳰」と書く。水に入る鳥という意味の和製漢字である。

 

小柄で遠くにいるのでうまく画像が撮れない。いよいよデジタル一眼+望遠レンズが欲しくなってきた。

 

 

 

 

モウソウチク(孟宗竹)

多摩丘陵の竹林。かつての里山ではよく手入れされていたが、最近は放置されて荒れてしまった竹林を見ることが多い。ここは私の属するNPOで管理しており、冬の間に古くて黄色くなったり倒れたりしたものを切って整理している。春から初夏にかけての緑したたる光景は爽やかで気持ちが良い。タケノコ掘りは4月中旬からだ。

 

竹はイネ科に属するが、草と木の両方の特徴を持ちどちらにも分類されない。孟宗竹は江戸時代に中国から渡来した種類。日本の竹の中では一番太く大きく、25mほどの高さになる。節(ふし)は1本で全体的に白い粉が付き、節の下が特に白くなる。一方、似たマダケ(真竹)の節は2本で粉がすくなく緑色が鮮やかである。

 

名前の孟宗(もうそう)とは中国三国時代の呉の政治家である。親孝行で、母に食べさせるために冬の竹林で祈ったところ、タケノコが生えてきたという故事に由来する。

ロウバイ2023

もう大寒。一年で最も寒い時期に咲く花だ。ロウ細工のような半透明の黄色い花が満開である。寒さの中で甘い香りを放っている。黄葉した葉が残っていて、鑑賞という点からはちょっと残念。寒さが厳しい年は12月中に葉がほとんど落ちてしまい、花だけのスッキリした感じになる。これも温暖化の影響か。

 

以前、こんな時期に授粉してくれる虫などいるのか?と書いたことがある。調べると、ミツバチなどは休んでいるが、アブの仲間はこんな時期でも活動するそうである。そしてアブが好むのが、まさに黄色。春先の花に黄色いものが多いのはそういう理由だ。香りが強いのも遠くから呼び寄せるため。うまくできているものだ。

 

ウメ(バラ科)の仲間ではなく、ロウバイ科。中国中部原産で、江戸時代に渡来。今、街で見掛けるのは、花の中心が茶色のロウバイではなく、芯まで黄色のソシンロウバイがほとんどである。