植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

ニオイタチツボスミレ

普通のタチツボスミレには香りはない。ニオイ(匂い)タチツボスミレという香りがある変種が存在することは図鑑などで知っていたが、これまで実際に見たことがなかった。普通のタチツボが多すぎて紛れてしまうためだ。それに草丈5㎝ぐらいの小さな草なので微…

川沿いのヒメスミレ

ここ数日暖かい日が続いた。いつもの街中の川沿いを歩いていると、鮮やかな紫色の花が目についた。ヒメスミレだ。株の大きさに不相応なくらい多くの花を付けている。 護岸のコンクリートと道路のアスファルトのすき間に点々と生えている。スミレと同じように…

セントウソウ

早春に他の花に先駆けて咲くため「先頭草」が名前の由来との説がある。漢字では「仙洞草」と書き、仙人の棲み処(すみか)という意味だが、由来はよくわからない。漢方薬っぽいが薬効等も特に知られていないようだ。 多摩丘陵では、雑木林の林床や林縁の半日…

アオイスミレ(葵菫)

アオイスミレを多摩丘陵で探してみた。近場では一番早く開花するスミレである。陽だまりなどではタチツボスミレも咲き始めており、大きさや花色、葉の形が似ているため近くでもなかなか見分けることが難しい。これはと思うものをひざまずいて確かめることを…

ノジスミレ(野路菫)

スミレの仲間が咲き始めている。やたら数が多いタチツボスミレは陽だまりなどでは2月頃から花を見かける。しかし本格的に咲くのはもう少し後だ。近場で一番早いアオイスミレは心当たりを探しても見つからなかった。その代わりに見つけたのがノジスミレである…

シュンラン

春蘭。文字通り早春に花をつけるランの仲間だ。1、2週間前から数枚の薄いさやに覆われた花茎が伸びてきて、もう開花している。これだけ大きい株だと多数の花を付けるのでちょっとゴチャゴチャしている。鑑賞するなら小さな株で花も1~3輪のものが清楚な感じ…

アセビの花

公園を歩いているとアセビが生け垣のように植えられていた。壺形の小さな花が房になって垂れ下がり、赤紫がかっていた色が開花とともに純白に近くなっていくようだ。接写してみると磁器のようなツヤがあり透明感がある。ガクや房の軸も白に近い色である。早…

カルガモの食事

今日は2羽揃って逆立ちして食事中である。何度も繰り返している。見事にお尻があがっておりシンクロナイズドスイミングなら高得点だ。 いつもの街中の川。コガモたちに交ってカルガモが泳いでいるのをよく見かける。群れが集まる場所は住み分けているようだ…

スズメノエンドウ

日当たりのよい道端に、カラスノエンドウと入り混じるようにツルを伸ばしていた。近くに寄らないと生えていることすら気づかない。拡大すると、赤銅色のツルと巻きひげが作る曲線が独特で美しい。 カラスより小さいのでスズメノエンドウという。超小型ながら…

コガモ大集合

いつもの街中の川。瀬になって浅いところにコガモ(小型のカモ類の一種)たちが集まっていた。皆思い思いの格好で食事中のようだ。1羽が羽ばたいてちょっと飛んだ。クェー、ケ、ケと聞こえる鳴き声を上げながら、3~4羽で並んで泳いでいるものもいる。土手の…

カラスノエンドウ

1週間ほど暖かい日が続いた。日当たりのよい道端の黒土からは一斉に草が伸び始め、もう花までつけているものもある。画像はカラスノエンドウだ。少し気を付けて探すと至る所に生えている。 マメ科ソラマメ属。つる性で偶数複葉の先端が巻きひげになっている…

コガモの朝食

いつもの街中の川。まだまだ真冬の寒さだが、陽射しは明らかに暖かくなった。画像はすっかりおなじみのコガモたちである。全員オスだ。目の後ろの緑色がなかなかカッコいい。もう起き出して朝の食事中のようだ。 彼らは植物食である。水中には水草がビッシリ…

輝沸石とセラドン石

コロナ禍で屋内の生活が多くなった。そんな時、机の上に置いて時々ひねくって楽しんでいる石がある。眺めながら物思いにふけったりする。 画像は輝沸石(きふっせき)である。数年前伊豆半島の河津町浜海岸まで行って探したものだ。伊豆火山群の溶岩が海にな…

枯葉の中の青葉(その2)

多摩丘陵の雑木林は広い面積が公立公園になっており、定期的にネザサや潅木の刈り取りがされている。シラカシやイヌシデ、コナラを主とする雑木林の林床(りんしょう、林の地面)は、真冬の今枯葉に覆われている。枯葉を踏みしめながら植物を探してみた。 タ…

トルコ石

だいぶ前のミネラルフェアで買ったもの。飾っていたらホコリがついてしまいいつの間にか忘れてしまっていた。最近気づいて水洗いしたら画像のように光を取り戻した。トルコ石は小さい粒だが、目の覚めるような鮮やかな空色である。いわゆるターコイズ(トル…

枯葉の中の青葉

真冬の雑木林の地面は、木々が葉を落として弱い陽光が届き、乾いて白くなった枯葉の反射もあって明るい。陽だまりで枯れ残りのタチツボスミレを見つけるとほっこりする。他にはほとんど何も無い。 中の小道を歩いていると下の画像のような植物が点々と生えて…

もうすぐ開花(その2)

立春は過ぎたが、その後また寒中のような寒さになった。もうすぐ開花する木の花を先週とは別の公園で探した、場所:神奈川県立四季の森公園(横浜市)、相模原北公園 マンサク(上の画像) もうつぼみが割れて黄色い花びらが出始めている。やはり「先ず咲く…

コガモを点呼

今朝も街中の川でコガモ(小型のガンカモ類の一種)の群れを見た。いつもの場所にいないので心配になったが、探すと先日の対岸の少し下流に移動していた。日の当たり方が変わってきてこちらが暖かくなったのだろう。 ほぼ一列に並んでいて、眠っているようだ…

もうすぐ開花

2月になった。前回の公園で見つけた木の花のつぼみ。 これは白梅。だいぶ膨らんで花びらがちょっと顔をのぞかせている。暖かい日があれば開くだろう。思い出すのは、小田原の近くの曽我(そが)の梅林だ。早い年は2月初旬から見ごろになる。山と海の絶妙の配…

早咲きのウメ

東京都町田市薬師池公園の梅林。薄曇りで寒風が吹いている。遠くから見ると花はまだ早いようだ。近くまで歩いてきて甘い香りに気が付いた。数本の黄色いロウバイとともにピンク色の梅の花が見えた。 拡大するとまあ派手だ。径2㎝ほどあり、目立つピンク色の…

エンドウの芽

エンドウを作るのは初めてである。種まきが12月中旬と遅かったためか、ほとんど芽が出ない。もう1か月以上になる。今年の冬は特に寒いようだし雪も降った。その上この圃場は冬場日陰になるため温度があがらない。保温のためマルチ(穴あきの黒いビニールシー…

ヤドリギのシルエット

ヤドリギ(宿り木)のことを知っている人は多いと思う。しかし都市部に住んでいると実物に出会えることはほとんどない。思い立って近場で探してみた。常緑なので、木の葉が落ちた今は見つけやすい。 画像は団地のケヤキ並木の一本に見つけたもの。ただの葉の…

サンショウの果皮

近所の住宅地の庭先にサンショウ(山椒)の木が植えてあった。今は葉が全て落ちて赤い実が残っているだけである。それも実が割れて種が出た後でカラカラに乾燥している。赤褐色の果皮はこうして拡大すると独特の質感だ。全体として不思議なオブジェのようで…

真冬の双葉

冬の多摩丘陵の林下。地面は厚く枯葉に覆われ何もないようだ。しかし、探しているとその中に瑞々しい緑色の双葉が顔を出しているのを見つけた。1枚が3㎝ぐらいあり大きい。何より今の寒い時期に双葉とは異様だ。頭上の親木を見て了解した。アオキの芽生えだ…

森ビル科ヒルズ属

多摩丘陵の林の中は大好きだが、都会も嫌いではない。たまに都心に出て精神のバランスをとっている。コロナのせいでご無沙汰だったので、久しぶりだ。来てみると大きく様変わりしていた。再開発のためクレーンだらけで迫力ある景色である。 神谷町(かみやち…

ロウバイ2022

寒風の中マップ片手に多摩丘陵の道を歩く人達がいる。昼前だが気温はせいぜい7-8℃しかなく完全武装で防寒している。しかし歩いているとほとんど寒さは感じず気持ちが良い。空気が澄んでいるせいもあるだろう。 今の時期、山茶花やカンツバキの赤い花も盛り…

ランヨウアオイ

真冬の多摩丘陵は木々が葉を落とし、路傍の草もあらかた消えている。そのため雑木林の中は明るくなって見通しがきくようになった。地面は厚く枯葉に覆われ、半分枯れたようなネザサの茂み以外は、日陰に強いアオキやヤツデなどの常緑の植物が生えているのみ…

トラノオシダ

丘陵地の雑木林に長い石垣があって、日陰で湿度が高いことからコケが付き、隙間の至る所からシダが伸び出している。今の時期残っているのはほとんどがヤブソテツで、所々にこのシダが混じっている。トラノオシダだ。左右10㎝くらいでごく小さい。葉も薄手で…

千両万両アリドオシ

センリョウ(千両)やマンリョウ(万両)は、冬でも葉が落ちず真っ赤な丸い実がなる。名前も昔のお金を表していて景気が良い。街中でも庭先などによく植えられていて見ると寒さが和む。ヤブコウジも同じような実と葉の小低木で、こちらは別名十両という。 百…

普通のシダ

このところ近場のシダを見て回っている。“普通の”シダは皆同じに見えて、最初のうちは区別すらできなかった。それでもじっくり観察し、写真を撮って図鑑やネットで調べていくうちに、徐々にいろいろなことが分かってきた。 自宅から歩いて20分ぐらいの丘陵地…