植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

クマよけフェンスの植物

f:id:M_majipan:20201127205918p:plain

 

 丹沢山地のふもと(厚木市)の集落をつなぐ道路。「クマにご注意!」の立て看板にビックリして足が止まった。今年は長雨や猛暑だったし山の実りも少ないのか…。しかし、道沿いにフェンスがあり「電気柵設置」とある。これならまあ大丈夫だろう。また歩き出した。

 フェンスに絡まっていた植物三種。電気は大丈夫なのか?

 【右上】アカネの実。【左下】ノコンギク:一部が実になっており、特徴である子房の毛が見える。【右下】マツカゼソウ(だと思う):資料とは花と葉の形が一致する。しかし白花であるところ少し赤紫色が入っている。草丈は50㎝ぐらいあるが葉も花も小さい。これでもミカン科である。

アカネの花:2020-10-7.ノコンギクの花:2019-10-20.