植物(花)や岩石鉱物など大地に根差した自然のものは何でも好きです。また人為であっても古いものには興味があります。東京都と神奈川県の境界ぐらいの郊外都市に在住。周辺の市街地と多摩丘陵を中心として、近場に残された自然を探検しています。時々丹沢山地、相模川流域、三浦半島などにも足を延ばしています。

オオブタクサ

f:id:M_majipan:20200916180450j:plain

 普通のブタクサは丈1mぐらいだが、2‐3mになる大型の別種。河川敷などで群落を作っている。草叢を少し歩くだけで服が黄色くなるほど大量の花粉を出す。

 キク科であるが、野菊などとは似ても似つかない。そのため拡大して花の細かい構造を調べてみた。(画像)花穂から総苞が傘のように出て、小花が多数ぶら下がっている。これは黄色い雄シベのみの雄花だ。要するに花粉の塊。雌花は別に花穂の根元に付いている。この雄花をよく見ると花びらがない種類のキク科そっくりだ。ここまで見てようやく合点がいった。

f:id:M_majipan:20200916180435j:plain

 北米原産の帰化種というか要注意侵入種。ブタクサ(豚草)とはhogweedの直訳らしいが、憎々し気な命名だ。ところが属の学名はAmbrosia(アンブロシア)といいカワイイ。意味も食べると不老不死になる神の食べ物だそうな。この草の生命力を見ると納得する。ところが最近、この草を好んで食うブタクサハムシという甲虫も北米から入ってきた。天敵だ。そのためか一時より見かけなくなったような気がする。